グループホーム〜認知症対応型共同生活介護

2020.3.25(令和2年3月25日) ゆうなぎ九十九里、ゆうなぎ白子、面会謝絶をお願いしております。

認知症を得ている人が、周辺症状として現れる精神症状や行動障害(問題行動)「認知症の行動・心理症状(BPSD)」の軽減、あわせて、認知症の進行を緩和させ、穏やかに余生をおくる住まいの一です。 ゆうなぎ九十九里については、ショートステイ(短期利用認知症対応型共同生活介護)の利用も可能です。

ゆうなぎ九十九里 グループホーム〜認知症対応型共同生活介護

〒283-0102 千葉県山武郡九十九里町小関2316-1
TEL0475-70-7333

【概要】 入居定員9名の共同生活住居が2 定員18名
・案内図 広域図 詳細図
間取図
・居室例 テーブル 座卓
・一部2階建、階段昇降機等設置
・空室がある場合に限り、ショートステイ(短期利用認知症対応型共同生活介護)の利用が可能です。担当のケアマネジャーを通じてお尋ね、お申込みになるか、ゆうなぎ九十九里までお問い合わせください。

運営推進会議はこちら

ゆうなぎ白子 グループホーム〜認知症対応型共同生活介護



〒299-4216 千葉県長生郡白子町幸治3079-3
TEL0475-36-7188

【概要】 入居定員9名の共同生活住居が1 定員9名
・案内図 広域図 詳細図
2階(当該共同生活住居) 1階共用部分
・居室例 テーブル 座卓
・ゆうなぎ白子はショートステイ(短期利用認知症対応型共同生活介護)の取り扱いがありません。
・2階建の2階部分全部、1階共用ホール、ロビー、大浴場、和室、オレンジカフェ併設〜詳細はこちら

ご入居について〜グループホーム〜ゆうなぎ九十九里、ゆうなぎ白子

【ご入居が可能な条件等】
・65歳以降に発症した老人性認知症を得ており、介護保険の認定が要支援2、要介護1〜5
・40歳以上65歳未満で※、若年性認知症を得ており、介護保険の認定が要介護1〜5
→※入居実績が複数あります。詳細についてはお問い合わせください。
【ご入居にあたって】
・終末期において、常時入院を要する状態ではなない場合は、最期まで暮らすことができます。
【介護の内容】
・入浴、食事、排せつ等日常生活上の世話
・日常生活を通じた機能訓練
【特徴】
・家庭的な環境での介護
・地域、地域住民等の交流
・能力に応じた自立した生活
【ショートステイ】※ゆうなぎ九十九里に限る
・空室がある場合に限り、ショートステイ(短期利用認知症対応型共同生活介護)の利用が可能です。
担当のケアマネジャーを通じてお尋ね、お申込みになるか、ゆうなぎ九十九里までお問い合わせください。
【入居費用】こちらの資料をご参照ください。会社案内・料金表等
詳細な料金はこちら要介護度別料金の目安
【入居費用等の調達】
弊社オリジナルリバースモーゲージを利用することによって、手元資金をご用意することや、将来に備えて引当て、厚くすることができます。
こちらをご参照ください。オリジナルリバースモーゲージ

戻る